シミのない美しい肌を目指そう!シミを予防する方法3選


紫外線対策をしっかりする

シミの1番の原因となっているのが紫外線です。紫外線といえば春先から夏にかけて強くなりますが、紫外線は季節に限らず一年中でているので、シミができやすい人は常に対策をする必要があります。また、「雨だから大丈夫」、「室内にいるから平気」、というのは間違った知識です。紫外線は天候に関係なく、また、室内にも紫外線は入り込んでくるので気をつけましょう。外出時は帽子・日傘・手袋などを着用、日焼け止めは年間を通して使用するという意識が必要です。

肌を保温し乾燥肌を防ぐ

紫外線対策がシミ予防の基本となりますが、それと同じぐらい気をつかって欲しいのが肌のスキンケアです。肌が乾燥していると、バリア機能が衰えてしまい、紫外線の影響をモロに受けやすくなってしまいます。常日頃から保温を心がけることで乾燥知らずの肌を作ることができます。ぬるま湯などで洗顔した後は、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保温成分が含まれている美容液を使い、スキンケアを行いましょう。

質の良い睡眠を心がける

シミの原因は紫外線というイメージがありますが、他にも様々な原因があります。例えばたばこやストレスは体内の活性酸素を増やし、シミの元となるメラニンを過剰に生成してしまうと考えられているのです。また、ストレスがたまっているとホルモンバランスが乱れ、肌の状態が悪くなりシミができやすくなります。シミを予防するためには、ストレスをためないで、質の良い睡眠を心がけることが大切です。睡眠中に肌の修復や肌の新陳代謝が活発に行われます。シミのできにくい肌を作るためにぐっすりと眠りましょう。

人の皮膚は紫外線による刺激を受けると、メラニン色素が過剰に生成されてしまいます。メラニン色素が体外に排出されず残るとシミになってしまうのです。また、ストレスやホルモンバランスの乱れによっても増えます。