無駄毛の処理の方法によって仕上がりに違いが出る!


セルフケアは剃り残しが目立ってしまうこともある

無駄毛をセルフケアする場合には、それほどコストが掛かりませんが、背中やうなじなど手が届きにくい部位は剃り残しが目立ちやすくなるため注意が必要です。また、毛抜きやピンセットなどを使って処理をする場合には、長い時間が掛かるだけでなく、皮膚や毛穴の周辺を傷つけてしまうリスクがあります。そのため、なるべく肌にダメージを与えないために、シェーバーやクリームなどを使ったり、アフターケアの方法に気を使ったりすることがおすすめです。

エステの光脱毛は全身の無駄毛処理も可能

各地のエステで採用されている光脱毛は、特殊な光を発する専用の機器を用いて全身のムダ毛を処理できるという利点があります。ただし、医療脱毛と比べると効果が弱いため、無駄毛が生えている箇所が広い人や、本数の多い人は一年から二年ほど施術に通う必要があります。最近では、短時間で広い範囲を照射できる機器を採用しているエステも増えており、忙しい人も自分のペースで施術を続けることができます。

クリニックの医療脱毛は永久的な効果が期待できる

クリニックの医療脱毛は、レーザーを使用して毛乳頭や毛母細胞といった無駄毛が生える原因となるところまでダメージを与えることにより、永久的な効果が期待できます。そのため、スキンケアに対する関心が高い人はもちろん、肌荒れなどに悩んでいる人にとっても魅力的な方法として捉えられています。なお、部位によっては半年ほどで脱毛効果が現れ始めるため、肌の露出が増える夏の時期に向けて施術を始める女性も少なくありません。

大阪の脱毛可能な美容外科は、大阪市内の主要駅近くに立地している事が多く、プライバシーに配慮してカウンセリングが行われます。